読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑多語録 〜叱られる前に悟れ〜

記されている事柄全てを鵜呑みしてはいけない。常に疑うことを忘れない精神を持って欲しい。

春舞

 

冬の撤退と共に、春の到来を迎えた今日この頃。

 

ピンクに染まる景色。

桜の花弁が空を舞い、より一層春を歓迎しているように見える。

 

胸に花飾りを身に付け、新たな勉学生活を始動させる少年少女の集い。

そして新社会人の群れ。

 

華々しい未来である事を願い、この場を借りて敬礼をさせて頂こう。

 

そして春。それは、奴等の襲来を意味している。

 

花粉   をご存知だろうか?

この忌々しい粉共は人々にとって災禍でしか無い。

ペストと迄は行かぬとしても、死人が出ないとて迷惑被る物であることは明確である。

如何なる措置を施そうとも、その隙に滑り込んでくる奴等の傍若無人さを尊敬さえする。

 

しかし、決して挫けてはならない。

負けてはならない。

生き抜け、春を越えよ。

共に闘うべきである。

たかが粉であることに変わりはない。

振り落とせ、時代からの脱却を目指すのだ。

 

綴るべき事は此れだけである。

 

 

「春、はる、ハル……ヘル.....HELL…?」