読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑多語録 〜叱られる前に悟れ〜

記されている事柄全てを鵜呑みしてはいけない。常に疑うことを忘れない精神を持って欲しい。

憤怒

 

諸君はどのような場面で人に対して怒りをぶつけたくなるだろう?

 

自分にとって不合理、且つ不条理な発言をされる場合だろうか?

それもあり得る。的を射ている。

 

 

しかし、多くの場面ではこちらの方が当てはまるのではないか?

 

 

「自分で分かり切ってる事を相手に指摘される事」

 

 

大体、この場合の返答は

 

「分かってるよ、煩いな」 だろう

 

 

自覚している事を再確認される事で人は怒りを覚える。

 

相手を不快に感じる。

 

人が同種を憎む。

 

同族嫌悪への第一歩を、着々と進む事となる。

 

果たして私達は、敵としてしか関われないのか?

 

逆を考えてみよう。

 

それさえ認めてしまえば、

分かり切ってる事を再び問われても何も感じずにいれれば

 

憎まずに共存していけるのではないか?

 

己の弱さを、未熟さを見直す事さえできれば

私達は争わずに済むのである。

 

敵なんて、最初からいなかったのだ。

 

 

「戦う前に、闘う前に、察せよ。」