読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑多語録 〜叱られる前に悟れ〜

記されている事柄全てを鵜呑みしてはいけない。常に疑うことを忘れない精神を持って欲しい。

重圧

 

私達人間は日々、重圧に押さえ付けられているのではないか?

 

社会に出ればそれを垣間見れるだろう。

 

上からの圧力に屈し、只の頷くだけの人形と化す者も少なくない。

 

逆らえば、理想と云う名の予定表が崩れ去る事が恐ろしいあまりに。

 

総ては恐怖から来るもの。

 

心の弱さから来るもの。

 

いつだって弱者の声は高みの人間には届かない。

 

届いたとて、無かったことにされる。

 

そうやってこの世界は続いてきたのだろう。

 

まるで反抗期の子供をあやすかの様に。

 

怒り、憎しみ。

これらの感情は一つ一つは微々たる物。

だが、抱え込みすぎることで膨大な物となる。

山で例えることすら烏滸がましい。

 

その時、限度というものを超えた時、

彼等が何をしでかすかは誰にも想像だにしないだろう。

 

止める事はもはや不可能。

それを溜める手助けをしたのは、無意識の他者である。

 

自覚なき重圧は、害悪の他ならない。

耐え兼ねた者のみ、淘汰されるのは可笑しい。

 

とは言ってみたものの、

 

私自身もまた、どちら側の人間なのかも、

露知らず。

 

 

「感情が具現化する世界が訪れたら、

 

                                 一体、人はどうなる?」