読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑多語録 〜叱られる前に悟れ〜

記されている事柄全てを鵜呑みしてはいけない。常に疑うことを忘れない精神を持って欲しい。

道程

 

人それぞれ辿る道というものは違う。

 

自分が目指している道が、ある人にとっては邪の道であるかも知れない。

 

自分が目指すべき道ではないと感じる道も、誰かの目指す場所であるかも知れない。

 

人生に於いて、道は前にしか無いらしい。

 

 

では、前進する、とは何なのか?

 

前とは何処か。

 

自分の見えている世界が前ならば、後ろも前になる。

 

後ろに振り向けば、それは後ろではなく、前になる。

 

横を向けばそこが自分の前になる。

 

成る程、道は前にしか無いのではなく、

 

私達は、前を"向かざるを得ない"のである。

 

懐古することは、人生への反逆を意味するだろうか。

昔はよかった、それを言うだけで人の成長はそこで止まる。

 

それもまた、良きかな良きかな。

 

選択肢は無限に存在するのだから。

 

 

「ダルマもまた

                       転ばざるを得なかった…?」