読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑多語録 〜叱られる前に悟れ〜

記されている事柄全てを鵜呑みしてはいけない。常に疑うことを忘れない精神を持って欲しい。

私にとって、死とは永遠のテーマであり、追及するが末は見えないものと認識している。

 

人は必ずそれを経験する。人生は死ぬ事で完成する。

愛する人、尊敬する人など、そのような人が死ぬ時は涙する人も居るのではないか?

哀しむ気持ちがわからない訳ではない。

 

が、しかし、私は喜ばしいものと感じる。

やっと死ねたのだな、と心の中で拍手、賞賛する。

私にとって、死とは最大の願望である。

数多いる学者、著名人、偉人、犯罪者、小説家、音楽家など。

彼等は死して尚、偉大だと称賛され続けている。

それは、何故か?

無論、死んだからである。死ねたからである。

人は死んでやっと、完璧になる。完全になる。

 

死を恐怖するものは、何故怖い?

死の先が何か分からないから不安になるのか?

そんなもの考えるだけ無駄である。

その死の先へ行かない限り、結論などでないのだから。

 

産まれ付いた瞬間に、死は隣に来るのだ。

死と隣り合わせ。 死、合わせ。

"幸せ"。これは私の持論でしか無い。

 

自殺願望者たちよ、死にたいのならば死ぬがいい。

私を君達を誇りにすら思う。

先に逝っててくれ。 

 

 

どうせいずれ、皆逝くのだから、な。

 

「世の悲鳴は、奏でる。美しい哀唄を。」