雑多語録 〜叱られる前に悟れ〜

記されている事柄全てを鵜呑みしてはいけない。常に疑うことを忘れない精神を持って欲しい。

普通ならぬ普遍

普通という概念について綴る。 普遍。 此れは、個々人によって偏りの出る表現である。 「これ、普通では?」という発言。 あなたにとっては普通であっても他者からしたら普通ではない。 あらゆる面で長けている成功者達。 有名人、芸術家、ミュージシャン等…

悟昼。

休みを得た時の快楽感といったら無いだろう。 身心共に安堵する事は大事である。 しかし、休む時間に対して労働時間の方が圧倒的に多いのは周知の事実である事は誰もが知っているのでは無いか。 昨今の人間は働くことを強いられている。 働かなければ、生き…

夏訪 故に夏バテ

月日が流れるのは早いもので、此の手記晒しも二ヶ月あまり更新せず放置していた。 そんな事を知った事かと言わんばかりに世の中は動いており、地球の奴も呑気に廻っている。 暑さが身体を侵食し始めた昨今。 身体が熱を帯びて、肌という肌から汗という塩水に…

人間たるもの。

支配、洗脳によって植え付けをされている我々人類。 あゝしろ、こうしろと指示される内に、 まだかまだかと指示待ち人間と化している事に気付いているだろうか。 未だ我々の知識では、時間というものを戻す術を持たない。 それはつまり一方通行の人生である…

おもひで。

記憶、思い出。 其れは人間にとって掛け替えの無いものである事は明瞭である。 しかしそれと同時に、未知なる未来へ旅立つ際に邪念となり得る存在である事も明瞭である。 過去を振り返る事は悪くは無いといつかの私は告げた。 懐古は確かに快楽を共有すると…

戯言 其の一

負から、絶望の底の底から始まった者は此れから上がり続けるしかない。 という考えをよく耳にする今日この頃。 春から夏へと変化するのを眼で見る事は不可能に近いが、心身で感じつつある昨今。 実に暑苦しい話題ではあるが、 御了承願おうか。 さて…… 果た…

微笑

地平線の果ての貴様は笑んでいるのだろう。 この私の霰も無い姿を見下しながら。 ただただ笑んでいるのだろう。 白骨と化した堕落者の我を。 墓石から這い上がれぬ我を愚弄する様に。 嗚呼、あゝ、貴様は本当に神なのか? 私の信ずるゼウスなのか? 全知全能…

暗示

確証の無い、不安なる未来に暮らす我々。 実在するかも分からないモノを追求し続ける研究者達。 人間は他愛も無い、且つ儚い生き物だ。 未熟であると悲観する毎日に絶望するか? 照らされたルートを只々歩く不毛な日々を望むか? 流浪の旅に、こんな時こそ出…

幸福理論 其ノ壱

我々人類、どういう訳か不幸に敏感である。 嫌な出来事に瞬時に反応し、すぐさまネガティヴ思考に陥ってしまう。 ミス、失敗に激しく怒号する、される事は少なくない。 皆、心の余裕が無いのだ。 病みという闇に引き摺り込まれる事もそう遠く無いのでは無い…

闇風

日中は陽が照り上げ、身体が熱を吸収し、汗という汗が噴き出つつある卯月の午後。 ヴァンパイアの類共が嫌う理由も多少なりとも理解出来た事であろう。 影を好むのもまた、一興。 陰と陽により、世界は完成している。 陽、つまり太陽が去ると同時に、夜の涼…

春舞

冬の撤退と共に、春の到来を迎えた今日この頃。 ピンクに染まる景色。 桜の花弁が空を舞い、より一層春を歓迎しているように見える。 胸に花飾りを身に付け、新たな勉学生活を始動させる少年少女の集い。 そして新社会人の群れ。 華々しい未来である事を願い…

憤怒

諸君はどのような場面で人に対して怒りをぶつけたくなるだろう? 自分にとって不合理、且つ不条理な発言をされる場合だろうか? それもあり得る。的を射ている。 しかし、多くの場面ではこちらの方が当てはまるのではないか? 「自分で分かり切ってる事を相…

愚者

人間は愚かである。 まずはそれを自覚すべき事柄の最優先事項である事を頭に入れて欲しい。 我々は様々なもの、事に手を"出し過ぎた"。 恐らく自分達で築き上げたものが火種となり、自らで身を滅ぼすこととなるだろう。 人間は何かに縋らなければいけないと…

全悟

人は悟る。 幾度となく悟りを繰り返す。 全てが善であるかは人それぞれである。 度重なる苦行、悪行を経て真に悟る。 その後如何なる人生を歩むのか、 理解した上で邪の道を選ぶのか、 はたまた考えを改め初々しい旅路を始めるのか。 どれが、何処が必ずしも…

欲求

この世に数多に蔓延っている欲求と云う存在。 その幾多ある欲求の中でも人々に共通して存在するものといえば三大欲求にも選ばれた 「食欲、性欲、睡眠欲」 である。 空腹を紛らわせるために何かを食したいと思う感情であり 他者との営みに講じたいと感じる事…

重圧

私達人間は日々、重圧に押さえ付けられているのではないか? 社会に出ればそれを垣間見れるだろう。 上からの圧力に屈し、只の頷くだけの人形と化す者も少なくない。 逆らえば、理想と云う名の予定表が崩れ去る事が恐ろしいあまりに。 総ては恐怖から来るも…

伸縮

髪は伸びる。 寿命は縮む。 背は伸びる。 しかし、背は縮む。 世界において伸縮は、せざるを得ないもの。 手を伸ばせば、感情は縮む。 それを踏まえるならば、 ゴムは唯一無二である。

深追

よく人々は、様々な面で深追いをするなと言ってくる。 何故なら知り過ぎる事は自らを死に陥れる事を 示唆しているのかもしれないから。 それ懸念して、言ってくるのであろう。 考えてみて欲しい。 深追い、つまり深く追うという事は、先にいる人間を追う行為…

道程

人それぞれ辿る道というものは違う。 自分が目指している道が、ある人にとっては邪の道であるかも知れない。 自分が目指すべき道ではないと感じる道も、誰かの目指す場所であるかも知れない。 人生に於いて、道は前にしか無いらしい。 では、前進する、とは…

暗夜

この時期は特に、夜が長い。 夏でいう夕方も、冬では夜と化す。 星々が目を覚ますのも当然の如く早い。 今宵の三日月もまた、満遍の笑みを浮かべ、 私たちを見下ろしている。 そうかそうか、そんなに嬉しいか。 心すら見透かされているのではないかと思いつ…

暗示

新たな生命の誕生は常に輝かしいもの。 時には愚かに感じ、産まずに捨てるもの。 代わりなど、絶対に無い。有り得ない。 ノーと答える人は少ないだろう。 幕を開ける前に、閉ざされた命。 開けれたはずの扉を、開けるなと止める誰かの手。 穢れたその手を握…

異端

いつの時代も、異端者は、迫害され、冒涜と決めつけられ、罰せられた。 ただ皆と違う思考回路を所持しているというだけの理由で。 正統から外れている、それが異端。 ならば、正統とは何か? 何が正しくて、何が間違いなのか? それを決める者は本当に正しい…

私にとって、死とは永遠のテーマであり、追及するが末は見えないものと認識している。 人は必ずそれを経験する。人生は死ぬ事で完成する。 愛する人、尊敬する人など、そのような人が死ぬ時は涙する人も居るのではないか? 哀しむ気持ちがわからない訳ではな…

寒度

本日は特に、日本という国を寒さで支配しただろう。 肌を晒せば一瞬で凍り付くように固まってしまった。 これに一つだけ、反逆する術がある。火である。まぁ、日でもある。 炎は時に人々を恐怖に陥れる。炎まで行くと燃えてしまう。 だから私は、焔くらいが…

疲労困憊の末の怠慢

人は疲労が溜まりに溜まると何もしたくなくなる。 しかし、それを理由にして総てをおざなりにしてしまうのは、実に勿体無い且つ傍迷惑極まりない事だ。 己の精神、心の芯の底が強い者。根の根、最底辺の根っこが強ければ強い程に、人は疲労に打ち勝つ精神を…

酩酊。

酒は飲み過ぎると気が高揚し、自我を失いかける。失いかけるどころでは止まらず、その場にいた記憶が消失する事も少なくはないだろう。 気分を害し、汚物を口から垂れ流す者もいる。 だが共通して言える事は、飲んでいる最中は皆快楽に溺れ、心身共にお祭り…

怠惰

2017年1月13日。 昨今の日常生活を垣間見るに、怠惰という言葉が一番似つかわしいのではないか?と思い始める。 無駄に消化しているとしか言わんばかりの生活習慣。 しかしこれは、日々何かに追われ、多忙の身の者より余程死に急いでいないので、満足してい…

序章であり、起。

初blog。何を書くかも決めておらず、言うなればその時の気分で作り出してしまった。これが継続的に活動するのかといえば、胸を張ってイエスとはならない。断続的になるやも知れない。 それはさておき、ここから始まる事には変わりはない。何が始まるのかも定…